お肌の“屋根”は整っていますか?

お肌の“屋根”ってご存知でしょうか?お肌の屋根とは“角層“のことです。
屋根が傷んでいるとお家の中に雨風が降り注ぎますよね。

お肌にとっては角層が屋根と同じ働きをしており、角層がダメージを受けていると、外的刺激などの影響をとても受けやすくなり、お肌トラブルに繋がってしまいます。
だからこそ、普段のスキンケアで屋根=角層を整えることがとても大切です。

『どうしたらいいの~??』

お肌のさわり方のポイント!

こすらない・たたかない・触り過ぎない

基本的にはこの3つ。

ひと昔まえは、化粧水とかタッピングして入れ込んで!
って言われていましたが、今は化粧品の性能も良くなっているので、タッピングしなくてもすぅ~って入っていくものが増えています。

こすったり、触り過ぎるのもNG!

色素沈着やシミ・しわができる原因になってしまいます。

10年後、20年後に恐ろしいことにならないように、今からちょっとだけ気を付けてお肌を触ってみてくださいね。

あとは、毎日のスキンケアも大事です。

毎日のスキンケアの方法

1. 落とす

メイクや皮脂を浮かせて落とす

2. 洗う

毛穴の奥の汚れや古い角層などお肌に不要なものを残さず洗いあげる

3. 整える

お肌と類似の成分を補給しラメラ構造を整える

4. うるおす

角層を保湿成分や水分で満たす

5. 守る

角層のうるおいをキープする

この5ステップすべてがそろうことでお肌の角層はきれいに保たれます。
ぜひ、今一度、基礎5品のスキンケアの使用方法を見直してみてくださいね。

どうしたらいいか、わからない~!!って方は、ぜひレポスに。
ご相談ください(^^)/

この記事を書いた人

Repos

磐田市のプライベートエステサロンrepos(レポス)は、痩身・ダイエット、フェイシャル、脱毛、スクールなど、最新の知識や技術で、結果にこだわったサービスを提供します。